ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

工作室 DIY ルーム標識

クリンスイ(ビルトイン型)止水栓の修理


ページ 1 / 1
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

 ビルトイン型クリンスイの止水栓修理に関する情報は、Webで「クリンスイ 止水栓」を検索すればたくさんヒットします。ここでは私の失敗例とほかで見つからなかった情報を紹介します。(June2017)

 






止水栓のユニットを購入した方がよい

【 止水栓を分解するときのポイント 】

 (1)ねじはすべて普通の右ねじ

 (2)止水弁を構成する部品を、本体内部に落とさないように注意
    普通は分解しないと思いますが、止水弁の中には部品がいくつかあり、
    白いゴムリングで押さえられています。
    このリングがクリンスイ本体の中にくっついていた場合、放射線マークのような
    部品が本体の中に落ちる可能性があります。落とした場合は、天板に留めてある
    クリンスイ本体の全パイプを外し、本体を逆さまにしないと取り出せません。
 (3)増し締めしても「ポタポタ」は直らない。
    部品は安価なので、用意しておいて一気に交換するのが一番!!!   

  

【 交換部品について 】

 (1)(株)カクダイ 070-001クォーター上部(R) をWeb通販で購入します。<1.2K円程度>

 (2)青色のプラ部品は、オリジナルの真ちゅう製に交換する必要があります。

【 止水栓は、大きなロックナットで緩まないようになっています】

 ロックナットを外してから、止水栓本体の六角を緩めて外します。



【 真ちゅうの六角のアダプターは、取り外して 】

 指先で摘まんで引っ張っても抜けませんが、プライヤーなどを使えば簡単に外せます。

 購入した品の青いプラ製のアダプターを真ちゅう製のものに交換します。 


【 止水栓は、それほど強く締め付けなくても大丈夫 】

 強すぎるとレバー操作が重くなってしまいます。

 

止水栓を外すとこんな状態に

【 もし、白いリングが写真のように付いてこなかったら 】

 

 クリンスイ本体内部をライトで照らして白いリングが見えれば、内部に落とさないように取り出します。

 取り外した止水栓内部に、セラミック部品が2つあればOKです。 

※万一、部品を内部に落としたら、「放置した方が、ものすごーく 楽です」


【Tips】
クリンスイ(ビルトイン)

クリンスイへの給水停止!忘れずに

 

 




ページ 1 / 1
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン