ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

工作室 DIY ルーム標識

修理・自作 ルーム Do It Yourself ⑲


ページ 19/30
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

 

 


コンデンサの不良は容量抜け?

「コンデンサが容量抜けのためスイッチング電源が動作しなくなった」「電解コンデンサは長年使うと容量が減る」「コンデンサを交換したら直った」などという話をよく聞きます。そこで本当に容量が減少しているのかどうか、不良交換して故障が治ったという不良コンデンサを測定してみました。 

外見から
不良電解コンデンサは、包装フィルムから飛び出すほど膨張しているものは、一目で不良と判るのですが、そうでない場合外観はどちらも新品と変わりありません。オーディオアンプに入っていたもので、使用時間は定かではありません。

 左が、NGだった左チャネルのもの、右は正常に動作していた右チャネルのものです。(写真クリックで拡大)

 計測器は、日置のLCRメータ、ケルビンクリップを使用し、周波数は5kHzです。

 Cs表示が容量で、確かに額面の68μFより減っていますが、コンデンサ容量としては全くダメというほどではありません。

 ところが、Rsと表示されている内部抵抗は3倍以上の開きがあります。どうも、ここが回路の動作に大きな影響を与えているようです。

ここでの結論

 コンデンサとしての容量はあっても、内部の抵抗が3倍になっているというところでしょうか。 これでは基板を目視しても不良は判らない(^^)/

 
ページ 1 / 1
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン
【Tips】