ソミーの部屋 アマチュア無線ルームのロゴ

FT-817ND内蔵リチウムイオン電池の開発


ページ 11/12
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

817内蔵リチウムイオンバッテリーを安全にフルチャージするための充電器

 






FT-817内蔵リチウムイオン電池用急速充電器

 FT-817にリチウムイオン電池を内蔵させた状態でも、外部電源電圧と充電時間をきちんと制御すれば、充電に時間はかかりますが安全にフルチャージすることが可能です。FT-817NDの充電回路は、最大約300mAに制限された充電回路と、ユーザが選択設定できるタイマーから構成されています。外部に12.8Vの定電圧電源を用意してやれば、リチウムイオン電池の充電に必要なCC-CVと安全確保のためのタイマーが揃うことになります。(充電推奨電圧は4.2V/セルなので3セルで12.6V、電圧ドロップを0.2Vとして12.8Vとしました)

Li-Ion バッテリー 3S用 専用急速充電器の試作と評価 
FT-817用 リチウムイオンバッテリーと専用急速充電器

 短時間で満充電にしたいのであれば、FT-817からバッテリーパックを取り出して、専用の急速充電器に接続することが必要です。左は、3S用に設計したリチウムイオン電池専用の充電器(12.6V,2A)で、急速充電の評価をしているところです。

この充電器は、電池メーカーの指示通り(規定電圧以下になったバッテリーの低電流充電も含めて)、充電器側からもバッテリー監視を行いながら充電シーケンスを実行します。電池収納部に温度検出用のサーミスタを設置しています。問題は、FT-817からバッテリーパックを外さなければならない事です。 
自作したFT-817用内蔵リチウムイオンバッテリーの充電特性グラフ
注)時計を見ながらメモしました

本急速充電器にて電池購入時の状態から満充電した場合
充電完了まで2時間20分
充電開始時の電圧 12.0V
充電開始時の電流 1.7A
充電終止電圧 12.5V
充電終止電流 130mA

電池メーカーの指定通りに動作(バッテリーコネクタ端にて計測)
充電完了から4時間後、FT-817NDに装着、FT-817電圧表示は12.3Vでした。

Li-Ion バッテリー 3S用 急速充電器の試作 


 FT-817内蔵リチウムイオン電池用の急速充電器そのものを自作しようとるす試みです。
 いずれにしても、FT-817用リチウムイオン電池パックを内蔵した状態で急速充電するためには、FT-817に急速充電専用の3P充電コネクタを新設する必要があります。(2PのDCコネクタでは、バッテリーの温度検出信号が取り出せないので、その充電器は充電器側では温度監視をしていないと言えます。)

現在、取組中です2015.05.02

 

   
 
ページ 11/12
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン
【Tips】