ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

アマチュア無線ルーム標識

FT-817用アンテナグリップの開発


ページ 3 / 8
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

 

 






ダイヤモンド RHM8B アンテナグリップ(フロントBNC接栓編 3/4)

アンテナ支持部をFT-817に固定し移動時に扱いを容易にするのがハンドル部です

ハンドル部をFT-817に固定するL金具
アンテナグリップの素材アルミアングル

FT-817との接続は、40mm角4mm厚のアルミアングルから製作しました。

アルミアングルを弓鋸で、幅25mmに切断した後、片側を14mm幅で残し切り落とします。
アンテナグリップの素材(加工後) 一方にはステンレスパイプを通す穴を、他方はパイプを固定するネジ穴をあけます。
アンテナグリップの図面 FT-817に留める穴はFT側のネジが2.6なのでφ2.8で間隔10mmの穴をあけます。
(手書き図中の3.0は誤りです)
FT-817ホイップアンテナグリップの取付金具とグリップネジ

ステンレスパイプには、木工で使用される鬼目ナットをエポキシ樹脂接着剤で固定しています

。6mmのボルトでL金具と接続します。次の試作では真鍮丸棒から旋削して内径に合せネジ径も4mmにしたエンドを作ろうと思っています。ステンレスパイプはDIYショップで売られている外径12.5mm内径11.5mm(いずれも実測)のどこでも入手可能な市販品です。

FT-817へのねじ止め

FT-817にグリップ部を取り付ける金具です

左が制作した金具とネジ2.6首下8mm 右はオリジナルの金具とネジ首下4mm

ハムフェア2014で、質問の多かったのが、取付方法でした。オリジナル部品のショルダーベルト金具と、FT-817上下カバーを止めているネジ(径2.6mm)を外して、製作したグリップ金具を止めます。使用する2.6mmネジは首下7mmのものを使用し平座金を入れました。また、金具にはFT-817本体に傷をつけないよう、アセテートテープをはっています。(写真参照)オリジナルのネジはショルダーベルト金具とともに保管します。なお、ベルト金具部とカバーを止めているネジは頭の形状が違うので注意してください。
 
ページ 3 / 8
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン
【Tips】