ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

工作室 DIY ルーム標識

修理・自作 ルーム Do It Yourself ㉜


ページ 32/32
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

久々のDIY記事です。PLUS ケシポン の再生に挑戦しました。

 


PLUS ケシポン の再生

 PLUSの商品「ケシポン」をご存知でしょうか。封筒などを古紙回収に出すときに、個人情報を黒塗りするためのスタンプです。しばらく使うとインクが薄くなり用をなさないのでインクを補充します。これも数回までで、その後は放置状態でした。捨てる前に、、、

現状確認と調整可能箇所について
自作ガーデンライト

 「インク補充は、2滴まで」と書いてあります。しかし、、、薄くなったら入れたくなる!写真は、最終状態で、印字部の周りの白っぽい枠が紙やすりで削って、板面が紙に着くようにしました。しかし、、


 
PLUS ケシポン の再生

 構造は簡単、スプリングを外せば印字ユニット部が外れます。さらに左下にあるプラ枠のツメを外せば写真のように、版面と、インクフェルト部が取り出せます。インクを補充した後でやると大変な事に、、、。


 
PLUS ケシポン の再生

 版面が紙にしっかり接触するように枠部分の厚みを減らすため、紙やすりで擦り下ろします。効果を期待して!

   

ところが、、


PLUS ケシポン の再生

 写真では判りませんが、腹がでているのです! 枠に近い周辺部に比べて版の中央部が出ているのです。ううーん。しかも、インクが浸透するはずの版面が動脈硬化というか、目詰まりというか、インクが短時間で浸み出てきません。よって連発すると薄くなる!超音波洗浄機で洗うなんて手もありそうですが、これ以上環境をを汚して頑張る甲斐はないような。

【Tips】私の手元にある品は、すでに過去のものとなり、今は新型がでています

PLUS ケシポン の再生 


 確かに手軽なので便利ですが、広範囲を消し込むのは結構大変です。ワイドやローラー型がでているのはそのためでしょうね。 再生不良のこの品、使えないことはないので、、もうしばらく使ってみましょう。