ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

アマチュア無線ルームロゴ

Portable One 2024

 

2024
前年へのジャンプボタン 次年へのジャンプボタン

【最新は上,過去は下】【記事移動は前の記事へ次の記事へ】【年切替は 次ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン
【ジャンル別の移動は] 前のコンピュータ記事へジャンプ次のコンピュータ記事へジャンプ    前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ  前の工作(DIY)記事へジャンプ次の工作記事へジャンプ   

私へのメールは
連絡先アドレス

ローカル局リンク

JA2HYD JA3KAB


筆遊び(ふですさび)・・・Instagramは使わない! TikTok,LINE,WeChat は勿論つかわない

 私はSNSを使用することは出来る限り避けています。便利だからと誘われても、無責任なシステム運用と偽情報で稼ぐ奴、そして炎上などど囃し立てる報道の世界に仲間入りしたくありません。



関ハムで大阪散歩前の記事へ 07.18次の記事へ

   デジハムサポート    サムハラ神社
 

 関ハムの準備日には少々時間があったので、心斎橋から歩いて、なんばの「デジハムサポート」にご挨拶してから、「サムハラ神社」にお参りしてきました。驚いたことが2つ、地下鉄御堂筋線の車内アナウンスで、「整列乗車のご協力ありがとうございました」と心斎橋で降りてデジハムサポートまで歩く間、日本語以外の言葉しか聴こえてこなかった事でした。




Shop6502の改修前の記事へ 07.17次の記事へ

   Shop6502の改修
 

 Shop6502 WEBサイトの改修を始めます。今回、関ハムでコンパクトな展示が出来たのに気を良くしてやる気が出てきました。で、、どうするか考えながら寝ることにしましょう。の予定でしたが、なんも考えないでねてしまいました。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



展示・掲示 の工夫前の記事へ 07.16次の記事へ

   展示・掲示 の工夫 展示・掲示 の工夫
 

 今回の関ハムで目指したのは、机一つだけでのコンパクトな展示です。一人で荷物運搬・設置・掲示・商品展示・撤収が容易に出来るよう心がけました。当日のページをご覧ください。まず、A2サイズ4枚のポスターの掲示は2.7mのコンパクトな釣竿3本で支えます。伸縮可能なので、設置・調整も容易です。竿の重さ228g、ポスターと机からの落下防止フェンスが270g、横断幕とのぼり旗、旗とデモ用ロータを支える3.6mの竿が242g+184g、全部で924g、つまり1kg以下でした。机に釣竿を垂直に固定するに机の脚と釣竿の間に不要な段ボールを丸めて挟み養生テープで固定しました。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



アンテナSW 前の記事へ 07.15次の記事へ

   IC-905ファン アンテナSW
 

 今回の関ハムで、一番手ごたえを感じたのが、IC-905のファン内蔵スタンドと、アンテナスイッチ&切離し器でした。アンテナスイッチは、まだ十分な運用実績が無いので、テスト販売価格での提供になりました。どんな反応があるか楽しみというか不安も、、、1000V耐圧試験もしてスペアナでも良好な結果を得ているので自慢の品なのですが。。注)アレスタはアンテナ切離し器のみに実装しています。アンテナスイッチは現在生産中ですので、Shop6502への掲載は来週になると思います。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



関ハム2024 2日日 前の記事へ 07.14次の記事へ

   関ハム2024 二日日
 

 ホテルから衣類や土産物を宅配便で自宅へ送りましたのでバックパックは軽くなりました。今までA3サイズの写真用紙を使いインクジェットプリンタで印刷し2枚張り合わせていたのですが、今回はA3普通紙をカラーページプリンタで印刷し2枚張り合わせました。また机一つで自立できるようコンパクトな2.7mの釣竿を2本使い、机の脚に垂直になるよう取り付けました。そしてもう1本を横に渡して両面テープでポスターの上端を貼り付けました。会場の空調の風がちょっと想定外でしたが来場者とポスターの距離が近く読みやすかったようです。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



関ハム2024 初日 前の記事へ 07.13次の記事へ

   関ハム2024 初日
 

 ホテルで朝7時の朝食をたっぷり食べてから駅までバックパックを持って15分、宝塚線三国駅まで歩き阪大石橋駅から会場へ向かいました。(昨日重い荷物を背負って10km歩いたので腰に負担をかけたため今日は背負うのをやめました。)

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



関ハム2024準備日 前の記事へ 07.12次の記事へ

   関ハム2024準備
 

 朝7時の新幹線で大阪にやってきました。心斎橋から難波まで歩き、サムハラ神社にお参りしてから会場準備に入りました。関ハム準備をしてくださった方々ありがとうございます。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



ハムフェア2024説明会 前の記事へ 07.010次の記事へ

   ハムフェア2024説明会
 

 代々木公園のハムフェア説明会に行ってきました。受付に並んでも意味がないので列が短くなるまでソファーで本を読んでいました。クジ順は20番、ブースはICOMの近く「C16」を確保しました。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



注文していた本が届きました 前の記事へ 07.08次の記事へ

   エジプトの空の下
 

 注文していた本が届きました。ちょっと重いけれどSquare端末よりはずっと軽い。実体験に基づく内容で、関ハムー横浜間を新幹線往復する間には読みきれそうです。著作は日本の大学の有名研究者やメディアに露出多いリベラリスト?から、批判のターゲットになっている人のエッセーです。大変楽しく興味深く読めます。一気に1/3ほど読みました。

  




大手町散歩し本屋で衝動買い 前の記事へ 07.06次の記事へ

意識の脳科学 順列都市グレッグイーガン
 

 新幹線の切符購入のため早朝に東京駅へ歩きました。帰りに関ハムへの旅の途中の新幹線とホテルで読む本を探しに、大手町の本屋に立ち寄って、平台の本を数冊手に取っり選んだ一冊が、「意識の脳科学」。ベッドで横になってポチった電子本が「順列都市」でした。「意識の脳科学」はかなり厚く荷物になるので、関ハムへ持っていくのは「順列都市」だけにしましょう。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



関ハム出展準備中です 前の記事へ 07.03次の記事へ

ANT切替/切離し器 開場販売価格予定
 

 関ハムに向けて、ANT切替/切離し器の販売準備をしています。横浜から新幹線で移動、荷物は宅配便で新大阪のホテルへ送り、12日の準備日に会場へ持ち込みます。出展者の方々とゆっくりお話ができるのは、この日だけですね。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



アンテナ切替器製作開始 前の記事へ 07.01次の記事へ

ANT切替/切離し器の製作 ANT切替/切離し器の製作 ANT切替/切離し器の製作
 

 関ハムに向けて、ANT切替/切離し器の製作を始めました。HFやVHFより上、1.2GHzや更に5.6MHzでも使用でき、しかも高価な同軸リレーを使わない方式での実現を目指しています。コネクタも小型のSMAではなくアマチュア無線でよく使用されているN型コネクタを使用するため、コネクタ接続部分まで50Ωラインを繋げる必要があります。GHzオーダーまでのインピーダンス整合にはTektronixのDSA8300型 デジタル・シリアル・アナライザを使用しました。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



ANT切替/切離し器の耐圧 前の記事へ 06.28次の記事へ

ANT切替/切離し器の耐圧 ANT切替/切離し器の耐圧
 

 ANT切替/切離し器の耐圧試験を手持ちのメガーで試みました。以前FT-991Aで430MHz20W送信テストをした際に、アンテナ離調状態では90Vアレスタが点灯しました。(その後取り外しました)それでリレーや配線系統に問題が無いか1000Vメガーで確認しました。二つ目の写真は、90Vアレスタを測定したカーブトレーサで、その結果が3つ目のPC画面の写真です。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



ANT切替器と切離し器 前の記事へ 06.27次の記事へ

ANT切替器と切離し器 ANT切替器と切離し器
 

 雷センサー用としてアンテナ切離し器を作っていたのですが、雷センサーのプログラム開発が止まっているので、アンテナ切離し器とアンテナ切替器をハムフェアで先行発売してみようと考えております。TinySAで見た限りでは、5.6GHzでも使えるようなので、、、関ハムまでに、もう2台くらい作れるかも。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



FT-817内蔵Li-ionバッテリー前の記事へ 06.26次の記事へ

FT-817/818/KX3用の内蔵Li-ionバッテリー FT-817/818/KX3用の内蔵Li-ionバッテリー
 

 今日はYaesuの FT-817/818/KX3用の内蔵Li-ionバッテリーの生産を開始しました。今年度いっぱいの在庫はあるのですが、実はこれに使用している日立マクセルのリチウムイオン電池は、日本国内ではすでに生産されていません。中華セルは使う気がしないので、試験装置まで自作して取得したPSEの認証ですが、FT-818NDも生産終了しましたので、このバッテリーも今回の生産が最後になると思います。Shop6502のFLB-86ユーザのために保守用のバッテリーセルを若干残す事にしました。FT-817が非常用・移動用のマシンとして生き続けることを願って。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



ハムフェア用ポスター前の記事へ 06.25次の記事へ

ハムフェア用ポスター 関ハム出展位置
 

 いつも出発前日に慌てて作るハムフェア用のポスターを作り始めました。関ハムまでえあと2週間、先ずはICOM IC-705とIC-905用のものをA3の2枚繋ぎで印刷しました。A3で会場に持ち込み張り合わせて掲示します。会場は池田市民2Fコンベンションルーム(Eゾーン)のE20です。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



ラインロゴ
 

 欧州を旅行中の友人から情報が入りました。LINEヤフーに接続しようとすると、「2022年4月6日(水)よりYahoo! JAPANは欧州経済領域(EEA)およびイギリスからご利用いただけなくなりました」というメッセージが表示され使用出来ないそうです。LINEの情報漏洩と日本Yahooのあの対応では、信頼できるわけがないでしょうね。LINEは使用中止すべきだと考えます。
 しかし、日本ではしきりに「問題なく使えます」という情報を流しています。つまりVPNを使ってチェックをすり抜けろということです。しかも、その理由はWiFiの脆弱性のせいにしているのです。本当にWiFiが脆弱なら Whatsappだって使えなくするはずなのですが、そんなことはありません。
 米国ではKasperskyは使用禁止になったという話も聞こえてきます。私も使っていたKasperskyのライセンス期間が残っていたのですが使用中止していました。Kaspersky VPNは購入当初から危なそうなので使いませんでした。しかし、Kasperskyのサーバや会社登録のロシアからの移動など、しっかり対応している会社ですし、ソフトウェアという検証可能な製品であることを合わせると、LINEのように何回も問題を起こし、改善されず全く信用できない会社ではないように思います。

  




HUBの修理 HUBの修理
 

 コンデンサの不良で修理して、無事動作したHUBでしたが、なんせ1000BASE-T初期の古いHUBなので、セキュリティ問題もあるので最新のHUBに交換してあります。このHUBは予備機として保管しました。

前のコンピュータ記事へジャンプ次のコンピュータ記事へジャンプ 

東京駅大丸のラウンジ
 

 東京駅でちょっと座りたいときにはここを利用します。東京駅大丸の11階にあるラウンジです。飲み物は無料です。入場には写真にあるカードの提示が必要です。入口の鏡のデザインが気に入って写しました。




感圧振動縦横エレキ-前の記事へ 06.21次の記事へ

 

 2018年ころのJARL自作品コンテストで選外となったエレキ-が出てきたので、動作確認をしました。内蔵Li-ion電池も元気で、電源スイッチを兼ねるプラグを差し込むと電源もONして動作しました。エレキ-そのものの動作をJA3KABさんのエレバグキー並みに高める必要性と、振動音の改善が必要かな?  ※2024年度のファイルが大きくなったので前半と後半に分けて6月21日からは後半がスタートしました。ナビゲーションをクリックすると前後のページへ移動できます。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ



【Tips】