ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

FT-857M 50W運用リチウムイオン電源装置の開発


ページ 6 / 8
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

FT-857DM 50W運用可能なLi-ion電源 の開発記録です(2018/09/24掲載)

 






110Whモデルと150Whモデルの検討

(1)3S3P 18650を 9本使用する 110Whモデル 660g (2台並列運転で220Wh)
(2)3S4P 18650を12本使用する 150Whモデル 810g (2台並列運転で300Wh)

 ※どちらのバッテリーパックも載せることができるように筐体を設計しました。持った感じは(1)が格段に軽い!

110Wモデルそれとも150Wモデル?
 150Whモデル(写真)は、18650が4本並列になっているため内部抵抗が減少、電圧降下が少ないためFT-857Dの50W運用も可能になってきます。1台でも高容量の150WhモデルはFT-857Dの運用が中心の場合は魅力的です。一方、RF送信出力20Wもあれば十分という方は普段の運用には軽い110Whモデルを利用し、コンテストやDXペディション等では2台並列にして使用するという方法も考えられます。

スイッチ形状とコネクタ形状は?

 白いコネクタが電源出力です。右が現行のFT-991AやIC-7600で使用されているコネクタ、左は30W運用を想定したモレックスのコネクタです。左のスイッチは通常のトグルスイッチ、右はロック機構付きのトグルスイッチです。移動運用を考慮すると、輸送中に誤投入のおきないロック付きが良いのですが、通常の使用では引っ張ってONするだけですが、それでも操作が面倒です。

FT-857D側の電源コネクタについて

 制作中のLi-ion電源装置をFT-857Dに装着するためには、FT-857Dに添付されているケーブルを使用するか、新たにケーブルだけを購入する必要があります。いずれにしてもケーブルは100W運用が可能なAWG12ですので、かなり太いのです。そこで50W運用に適した短くて軽量なケーブルを作ることにしました。もう一つ、FT-857Dの電源コネクタの黒いカバーの中には日本語マニュアルには記述されていない機能(写真茶色の配線)が隠されています。

 FT-857D電源 コネクタにある送信出力20W設定機能

FT-857Dの電源コネクタ接続図  日本語マニュアルには記述がない機能があります。英文マニュアルには左のように記述され(注意:857側のジャック側)、BATT SENSEピンをGNDに落とすと送信出力が20Wに設定されるというものです。この機能を確認したところ、、、857をONすると、LCDパネルの照明が点灯後すぐに消え、RFOUT50にセットしていても出力は自動的に20Wになりました。受信時の消費電流も0.66Aから0.58Aに減ります。期待通りの動作でした。
 
ページ 6 / 8
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン
【Tips】

 電源コネクタのジャンパーによるRF20W設定は、通電状態で電源コネクタが857に接続された時点で検出されるようです。857の電源コネクタを接続した状態で電源そのものを落とした場合は、この20W設定は解除され、再度通電すると通常のパワー設定に戻っていました。再設定するには通電している状態で857電源コネクタを再接続する必要がありました。 毎回、電源投入時に検出されます。