ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

アンテナ・リグ パッチボードの制作


ページ 1 / 3
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

 アンテナ切替器を作ろうと初夢の中で悪戦苦闘! アンテナは3本切り替えて、ダミーロードも付けて、リグはIC7600とKX3とFT-817Nを繋げるようにしたいし、、、同軸リレーは高価で大きいし、ロータリースイッチじゃSWRが、、、切り替えミスで送信機が受信機に繋がらないように、、、面倒くさい! どうせ手元にあるのだからパッチボードでいいんじゃない?(Jan.2018)

 






リグ4台、アンテナ4台を切り替えるRFパッチボードを作る (1)

Antenna Rig Patch

【 完成したAnt-Rig Patch Board 】

 リグを接続する入力側は4回路、アンテナに接続する出力側も4回路で、出力の一つにはダミーロードを接続することを想定しています。入力側のBNCコネクタを外さない限り、リグ同士を接続してしまうエラーは回避でき、パッチケーブルに代えてSWRメータを接続することで必要なアンテナにSWRメータを容易に挿入することが可能です。

RG58Uに圧着BNCコネクタ

【 パッチ用BNCケーブルの制作 】

 BNCコネクタは圧着タイプの使用をお勧めします。理由はコネクタとケーブルの接続が容易で確実、強度も高く外見も手触りもいい感じです。一度経験するともう以前のようにゴムパッキンを入れるタイプは使いたくありません。

HOZAN P-740圧着工具

【 HOZAN P-740圧着工具 】

 トーコネのBNCコネクタとRG58Uの圧着に使用する工具は、HOZAN P-740( BNC/TNC/BNCC 中心コンタクト外径2.1mm、スリーブ外径6.5/9.2mm )を用いました。Webでは汎用の圧着工具の使用例がありますが、HOZAN P-740はそれほど高価ではないので購入することを強くお勧めします。中心電極と外皮の圧着が確実に行えます。写真は外皮をスリーブの圧着場面です。グリップを握りながら、青いグリップ上側のノッチを押し上げるとリリースできます。(最後まで握れば自動的にリリース)

HOZAN P-740圧着工具

【 HOZAN P-740圧着工具 】

中心電極ピンは、写真のようにピンのエッジをストッパーとしてあてて圧着します。圧着部の先端の丸みはのこり、コネクタの絶縁部に正確にフィットします。

 

 HAMMOND の 1590WDDBK というアルミダイキャストのケースを使用しました 

HAMMOND の 1590WDDBK

【 BNCコネクタを取り付ける9mmの穴を16個あけます 】

 ここでは秋月電子で扱っている BNC-J(絶縁タイプ)を16個使用しました。非絶縁タイプも取り付け部のネジは外径9mmなのでケース加工は共通ですが、全コネクタのアース側は共有されることになります。

BNCコネクタをRG58Uに圧着する

圧着でのキモは寸法出しです

【 圧着でのキモは寸法出しです 】

 外皮は先端から12mmのところまで剥がします。編組線は外皮のふちから4~5㎜程度のところでカット。心線は先端から3mmまで絶縁を剥ぎ取ります。心線h傷を付けないようにカッターで溝を入れねじりながら引きます。
 編組線はコネクタのローレット加工の上に被さりスリーブがこれを押さえるので、寸法はそれほど気にする必要はありません。 寸法はトーコネのサイトに出ています。矢印の先端が見づらいですが、3.5mm、3mm、8mmです。つまり、14.5mm被覆を剥いて、そのエッジから編組線を8mm残して切り取り、そのエッジから中心導体の絶縁を3mm残し剥ぎ取ると、芯線が3.5mm出ている状態です。 
スリーブの圧着位置

【 スリーブの圧着位置 】

 スリーブの圧着位置は、市販品のケーブルを見てもこんなもんでした。それより圧着工具が新しいせいか、血圧上昇で頭が・・どうにかなりそうなくらい頑張って握っても自動ではグリップがリリースしませんでした。少し力を入れて握りながらリリースレバーを操作して解除しています。     

【Tips】

 Ant-Rig Patch Bord のケース加工については次のページをご覧ください。