ソミーの部屋アマチュア無線看板

USB type-C PD は究極のハンディー機電源!


ページ 6 / 7
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

  アマチュア無線用途に適したUSB type-C PD モバイルバッテリー について、最新(20191/11/23)6機種評価です。

 






アマチュア無線用電源としての USB-C PDパワーバンク評価(2)

charmast W1052

【 アマチュア無線用に適した仕様 】

charmast W1052

 Webで見つかるパワーバンクは、スマートフォンやタブレットでの使用を前提としているため、電流電圧特性やノイズついての記述はありません。さらに、12Vという仕様は、旧 USB tyape-C の規格であり、取説に12Vの表示は無くても、実際には12V出力が可能な品もあります。ここでは電圧12Vと15Vという出力電圧とハンディ機で充電と5W送信可能な電流に焦点を当てて調査した結果をお知らせします。使用するUSB type-C PD トリガーデバイスは、Shop6502製の「USB-Cto12Vアダプタ」及び「USB-Cto15Vアダプタ」です。

  
ANKER PowerCore 10000 PD 

KENWOOD TH-D74と ANKER PowerCore 10000 PDKENWOOD TH-D74と ANKER PowerCore 10000 PD

【 充電もUSB type-C から 】

KENWOOD TH-D74と ANKER PowerCore 10000 PDKENWOOD TH-D74と ANKER PowerCore 10000 PD

次の2機種は、前のページで紹介した、

RAVPOWER Super-C Series 26800mAh Portable Charger type-C +iSmart2.0
と BatPower ProE 2 ES15B 56000mAh

 です。 この2種は充電方法に違いがあります。左のLAVPOWERはマイクロUSBでの充電、右の BatPower は USB type-C での充電です。当然、充電に要する時間は、USB type-C に軍配が上がります。USB type-C が今後主流になるであろう事を考慮すると、以降の機種選択は「USB type-C PD 充電可能」であることも条件とします。写真の2機種は、FT-817NDでのコンテスト移動運用には最適ですが、TH-D74で使用するには大きすぎます。ポケットに入れて携帯可能な大きさや重さにも注目して選択したいと思います。  

mophie powerstation USB-C XXLユニバーサルバッテリー

mophie powerstation USB-C XXLユニバーサルバッテリー

【AppleStore取扱(2018-現行品)】

mophie powerstation USB-C XXLユニバーサルバッテリー

mophie powerstation USB-C XXLユニバーサルバッテリー

容量 19,500mAh(70.785Wh)3.63V
   9750mAh(70.785Wh) 7.26V
出力 USB type-C 5V/3A 9V/3A 15V/2A 20V/1.5A
  ※実測 12V/2A 出力有
出力 USB A  5V/2.4A
充電 USB tyoe-C 5V/3A 9V/3A 15V/2A 20V/1.5A
実測重量 390g
寸法 150x84x23mm
価格 ¥16,800-

※取説に記載はありませんが、12V出力も可能です。 この辺りがポケットに入れられる限界かと。
AppleStoreで長期間取扱いのため安心感があり、12Vも15Vも十分電流がとれます。

AUKEY 63W Dual-Port PD Wall Charger

AUKEY 63W Dual-Port PD Eall Charger

【USB+type-C PDバッテリー充電器】

AUKEY 63W Dual-Port PD Eall Charger

  高速充電が可能な、充電器にも注目します。

出力1 5V/3A 9V/3A 12V/1.5A (18W)

出力2 5V/3A 9V/3A 12V/3A 15V/3A 20V/3A (60W)

最大出力 63W(出力1・2合計)

実測重量 148g

寸法 67x64x29mm

購入価格 ¥4,900-

※20Vを除いて、USB type-C PD の最大電流値 3A を確保していますので、12/15V 3Aの電源として使用可能です。

charmast W1052 10400mAh ユニバーサルモバイルバッテリー

charmast W1052

【charmast10400mAh PowerBank】

charmast W1052

  12V出力までで 15V,20V は無し

出力USB1(QC3.0) 5-6V/3A 6-9V/2A 9-12V/1.5A
出力USB2(QC3.0) 5-6V/3A 6-9V/2A 9-12V/1.5A
出力USB-C(PD)   5-6V/3A 6-9V/2A 9-12V/1.5A
充電 USB-C PD ,Micro USB 9V 2A
実測重量 187g
寸法 90.5x62x22.2mm
購入価格 ¥2,800-

※PBスイッチによるモード切替有り
※20cm長のUSB-C両端とμUSBケーブル付属

charmast W1052

【 charmast の 特性 】

charmast W1052

 出力は12Vまで 15Vや20Vは不可
トリガーデバイスは、Shop6502製 "USB-Cto12V" を使用したが、"USB-Cto15V" でも同様に使用可能。 出力電流10mA以下では、30秒で出力は停止した。 停止した場合、電源スイッチを押すと復帰する。
 iPhone8では9Vで急速充電動作(緑LED点灯) AUKEY 63W Dual-Port PD Wall Charger からは、9V 2Aで充電されます。 CPU制御らしく取説に再起動の言葉あり。 Shenzhen Charmast Technology Co,Ltd. 今のところ問題なく動作しています。

ANKER PowerCore 10000mAh PD

ANKER PowerCore 10000mAh PD

【ANKER PowerCore 10000mAh PD】

ANKER PowerCore 10000mAh PD

 前ページの再掲になりますが、比較のため詳細を報告します。左がANKER PowerCore で右が上に掲載した charmast 10400mAh です。このANKER は15V出力で12V出力は出ません。USB-Cto12Vアダプターを使用すると、出力電圧は9Vになります。

出力USB-C(PD) 5V/3A 9V/2A 15V/1.2A
出力USB(PowerIQ)5V/2A
充電 USB-C PD 15V 1A(実測)
実測重量 192g
寸法 110x50x25mm
購入価格 ¥4,600-
※PBSWによる低電流モード切替あり
※USB-C両端とマイクロUSBケーブル付属

charmast W1052 charmast W1052

ANKER PowerCore 10000mAh PD 出力電流電圧特性
ANKER PowerCore 10000mAh PD 出力電流電圧特性



このANKER PowerCore 10000mAh PDは、USB type-C の新規格なので、12V出力には対応していません。そのため、"USB-Cto12V"アダプタを使用した場合、出力電圧は9Vとなります。 15Vでの最大出力電流は1.2Aで、これを超えると出力は停止されました。また、電源ボタンの操作により低電流モードとなり、AppleWatchなどの充電にも対応できます。
ELECJET APPOLO Traveller 5000mAh

ELECJET APPOLO Traveller

ELECJET APPOLO Traveller充電

【 Graphen Li-Battery 3.7V 18.5Wh 】

ELECJET APPOLO Traveller

ELECJET APPOLO Traveller充電

 昨日、秋葉原ニュースで知った急速充電可能な新型バッテリーです。容量は5000mAhと少なめな表示ですが、寿命がLi-ionの倍以上という記述もあります。Model:A5 Made in China

容量  3.7V/5000mAh / 18.5Wh
出力USB-C(PD) 5V/3A 9V/3A 12V/3A 15V/3A 20V/2.25A @45W
出力USB A(QC3.0)5V/2A 9V/2A 12V/1.5A @18W
充電 USB-C PD 15V 5V/3A 9V/3A 12V/3A 20V/3A @60W
実測重量 194g
寸法 145x72x11mm
購入価格 ¥12,619-
※18min Fully Recharged が売り文句です
※USB-C両端ケーブル付属

Graphen Li-Battery 3.7V 18.5Wh

Graphen Li-Battery 3.7V 18.5Wh



このAELECJET APPOLO Traveller 5000mAh Graphen Li-Battery 3.7V 18.5Whは。軽量薄型、5Wハンディー機の移動用外部電源として最適と言えます。USB type-C PDで12V、15Vともに3Aの最大出力が得られます。グラフは3Aで終わっていますが、これは使用した電子負荷装置の制限ですので、3A以上とれるのかもしれません。FT-817NDは勿論、KX3で10W出力可能です。特筆すべきは充電で、前述のAUKEY 63W Dual-Port PD Wall Chargerから20V 3A、20分ほどで完了しました。この時DCコンの発熱もありますが、十分限度内です。1.5A出力時のノイズは100mV P-P程度(3Aでは300mVP-P)

Graphen Li-Battery 20V-A

Graphen Li-Battery 20V-A



 20Vでは2.5Aと表示があります。実測では電圧が19.2Vになりますけれども3A出力も可能でした。(保証してないでしょうが)

【Tips】調査結果(2019/11/23現在)

評価したパワーバンク
左から、①BatPower ProE 2 ES15B 56000mAh 770g ※評価機種で最強、5,9,12,15,20V全電圧対応
②RAVPOWER Super-C Series 26800mAh 462g 5,9,15/2A,20V出力
③mophie powerstation USB-C XXL 390g
④ELECJET APPOLO Traveller 5000mAh 194g ※11mm厚と薄くiPhone8とほぼ同じ大きさ、容量は以下2機種の半分だが充電は20V2Aで早い
⑤ANKER PowerCore 10000mAh PD 196g 5,9,15V/1.2A ※15V品では最軽量、価格は④の半分
⑥charmast W1052 10400mAh 187g 5,9,12V/1.5A ※12V品ですがハンディー機なら安価で最軽量。

 幾つかの製品を調査していますが、トランシーバの5W送信を可能にするポータブルバッテリーは、USB type-C PD があれば十分であること、そして、それは、本体のバッテリーの倍ほどの容量の物ならば五千円以下で新品が入手できるということです。DJ-G7 1.7A/144MHz 2A/430MHz 、FT-818 2.4A/HF,144MHz 2.7A/430MHz 、KX3 1to2A 、TH-D74 1.4A  TH-D74の運用可能時間は、純正バッテリーKNB-75Lは7.4V 1,800mAh(13Wh)で、5Wハイパワーにて6時間(取扱説明書)ですので、36WhのANKERやcharmastならば、3倍近くの運用時間(本体と合わせれば24時間近く)が確保できるはずです。但し、ハイパワー時の送信電流は、バッテリーから供給可能な最大電流を超えている場合、内蔵バッテリーからの供給と合わせる必要があります。12/15V 3A供給可能なバッテリーでは、FT-817NDどころかKX3で10W送信も十分可能です。

 前頁へ