ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

アマチュア無線ルームロゴ

関西アマチュア無線フェスティバル2019 出展計画


 関ハム 
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン
ハムフェア
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

 今年も関西ハムフェスティバル へ出展いたします。今年はアイボールQSOを中心にのんびりと楽しいひと時をすごすべく、Web Shop6502で ”会場価格・送料無料で購入できるクーポンつきチラシ”を用意いたします。 





 準備状況などのお知らせ

2019年4月1日 関西アマチュア無線フェスティバル 2019 出展申込書送付(メール)

       クラブ名「リチウムイオン電池研究会」 区分「屋内展示販売」 区画「1」

2019年4月25日 出展⼿続き完了(出展担当JE3DBS蛭子様よりメール)

2019年6月16日 出展者説明会 池⽥市⺠⽂化会館中会議室・・・出席しました

関ハム2019 詳細報告
  大阪城からみた市街  
 2019年6月16日(日) 阪急宝塚線の石橋駅近く池田市民文化会館で開かれた関ハム説明会に出席してきました。昨年に続き2回目の参加で、東京のハムフェアと違って大阪独特の雰囲気溢れる説明会です。備忘録・・・①窓にセロテープで説明会資料が張られる(写真・これは配布されない) ②その中から自分の参加クラブ名称を見つけてクラブ番号をメモする ③前方の主催者テーブルに行き列に並ぶ ④順番がきたらクラブ名と番号を伝え予備番号札を引く ⑤ここまでの間にグループを組むクラブは伝えておく ⑥主催者挨拶から説明会が始まる ⑦休憩 ⑧予備番号札の順に抽選順番番号札を引く(3クラブでグループを組むときは3枚ひける)・・時間経過・・休憩・・ ⑨抽選番号札1番から順に希望のブース番号を取得する(グループを組んだところは一番若い番号の順番でグループクラブで連続ブースがとれる) ⑩取得済みのブース番号は参加者に周知されない ・・時間経過・・ ⑩自分の番がくる 主催者席テーブルにある資料で空いているブースを探してその中から希望のブースを選択する。≪1時に入って終わりは4時半すぎ≫ ☆代理出席を複数引き受けている人がいて、何度も札を引きブースの選択をしていた。
   リチウムイオン電池研究会ブース位置
   当日のブース位置は B27 今年は,1階になりました。旗が目印になるかと。

 

 付近の駐車場情報は「NAVITIME」の「池田市民文化会館周辺の駐車場」検索結果 を見るのが良いようです。

 
 
   リチウムイオン電池研究会ブース
   ブース位置は 誰もが通過する好位置です。(たぶん)

 新幹線でポールを持っていきますので、この旗を見つけてください。

 リチウムイオン電池FLB-86のほか、RHM8Bアンテナを補強するグリップや、USB-Cパワーバンクから5W送信を可能にするUSB-Cto15Vなどを動作状態を確認いただけるように展示する予定です。

 
 

ドネーション 報告

   iPS細胞研究基金

 jh1ifz.com・6502.jp は 京都大学 iPS細胞研究所 山中伸弥氏 を応援しています。
 販売部門の6502.jpでは、収益金の一部をiPS細胞研究所へ寄付しております。

 関ハムでは、10,400円 の iPS Donation をいただきました。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。 8月にお台場ビックサイトで行われたハムフェア2018での寄付金と JH1IFZ 個人からの寄付を合わせて京都大学iPS細胞研究所へ送りました。  DE JH1IFZ

  

関西ハムフェスティバル2018(昨年) 展示内容

 リチウムイオン電池研究会として、FT-817/818, KX3 用内蔵リチウムイオン電池の制作方法について展示発表いたしました。 販売についてはShop6502をご覧ください。

 第1日目の開場直前の様子を、準備状況をビデオ(約30秒)にてご覧ください。

2日目のリチウムイオン電池研究会ブース

  

2日目のリチウムイオン電池研究会ブース

 朝の散歩で、高いところ2か所を見てきました。

 2日目のリチウムイオン電池研究会ブース 2日目のリチウムイオン電池研究会ブース

  
【Tips】