ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

アマチュア無線ルームロゴ

ハムフェア2019 出展報告


ハムフェア
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン
 関ハム 
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

 今年もハムフェアに出展いたしました。
 関ハムとハムフェア両方でお会いする方が予想以上なので驚いております。今年も多くの方にお声がけいただい、楽しいひと時をともに過ごすことができました。ありがとうございました。

 





 準備状況

  ハムフェア2019 JH1IFZ.COMソミーの部屋は引き続き、日本アマチュア無線界最大のイベント、ハムフェア2019にリチウムイオン電池研究会のメンバーとして出展をいたします。

2018年4月10日 ハムフェア 2019 出展申込書送付(友人が記入しポスト)

        クラブ名「リチウムイオン電池研究会」 出展区分「一般展示」 区画数「2」

2018年6月 4日 出展承認受領 7月中旬に出展者説明会(文京区民センター)

2018年7月17日 出展者説明会 クラブ小間割り抽選 C-049 決定 

          

2018年8月30日 朝8時半から、造作開始し、午後1時には完了しました。
           会場の南棟の外へ車を付けました。

2018年8月31日 朝8時到着、50mくらいの待ち行列、南立体駐車場へ、
           9時入場、準備、10時開場、エアコンはしっかり効いていました。
     会場レイアウトの関係か、去年より人出が多く感じました。

2018年9月 1日 朝9時に到着、準備開始、10時開場、午後4時30分 閉会
           この日は有楽町線で豊洲、ゆりかもめを使いました。
           撤収の車は2時過ぎに南立体駐車場へ、比較的すいていました。

 
ハムフェア2019 リチウムイオン電池研究会 展示位置
  リチウムイオン電池研究会ブース位置

  
今年のブース位置は C-049

 ちょっと奥まったところですが二小間です。関ハムでも使用した Shop6502 のフラッグを出しますのでみつけてくださいね。  
  Shop6502

  今年は、原点に返って JH1IFZ.COM 「ソミーの部屋」で研究開発した品をできるだけ多く動作する状態でご覧いただきました。  
Shop6502 USB-C to 15Vアダプター

  でも、なんと言っても今年の目玉は、コインサイズのアダプターが、スマートフォンやタブレットで使われている安価なモバイルバッテリーで、ハンディー機やFT-818で5Wから10Wでの長時間ハイパワー送信を可能にする「USB-C to 15Vアダプター」です。
TH-D74で全日5W展示・運用いたします。現在市販されているモバイルバッテリーの電流電圧特性も調べてみました。

この
「USB-C to 15Vアダプター」は来場された方に注目され、多くの皆様、そして外国の方に評価いただきました。(英語のポスター見てくださったのかな)また、ソミーの部屋をご覧になって IC-9700 用のUPS電源装置についても質問や高評価をいただきました。来年のハムフェアでは、「USB type-C PD のアマチュア無線での活用」と「UPS無停電電源装置」を中心に研究開発を進めることにいたします。  

ハムフェア・ドネーション

   iPS細胞研究基金
 jh1ifz.com・6502.jp は 京都大学 iPS細胞研究所 山中伸弥氏 を応援しています。
 
 関ハムでは収益金より ¥10,000 を寄付いたします。
ハムフェア2019では、¥3,200- の寄付を頂きました。加えて「リチウムイオン電池研究会」メンバーの NBCヤフーショップ収益金より¥10.000、Shop6502収益金より¥20.000の寄付、合計¥33.200-を寄付いたします。今年は、関ハム・ハムフェア合わせて¥43,200-をiPS細胞研究所へ寄付いたします。
  皆様、ご協力ありがとうございました。
  

ハムフェア展示・説明 と 特別価格販売(6502.JP)

   Shop6502の横断幕
  販売内容については Shop6502 をご覧ください。    
【Tips】